程度の差はあっても、性交時に痛みを感じる女性は少なくありません。そのために、本当ならパートナーとの関係をより深めるための行為なのに、セックスが苦行になってしまうことも…。
そんな厄介な性交痛を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?恥ずかしいけど病院に行くべき?と悩んでいる人のために、性交痛とその対策について解説します。

性交痛はなぜ起こる?

性交痛には大きく分けて、

・膣の入り口が痛む
・膣の中や奥の方が痛む

という2つのタイプがあります。
原因が異なるため、対策もそれぞれに応じた方法を取ることが必要です。

膣の入り口が痛む

挿入時に痛みを感じる原因は、潤滑剤である分泌液が十分でないことがほとんどです。前戯不足や女性側の緊張による、いわゆる「濡れていない」状態ですね。強引に挿入しようとすると、摩擦や襞の巻き込みによって、女性は引きつるような痛みを感じます。また、一度痛みや恐怖を経験したことで、セックスに対する抵抗感を持ってしまい、よけいに濡れにくくなる…という悪循環にも陥りかねません。

挿入ができないほど痛みが強い場合は、膣口周辺の傷や炎症、処女膜が普通より厚く、硬い処女膜強靭症や、小陰唇肥大、婦人科疾患などの可能性もあるので、専門医で相談してみることをおすすめします。

膣の中や奥の方が痛む

挿入後、男性が動いたり奥を突かれると痛むというケースは、加齢や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化で、膣が委縮したり、潤いがなくなっていることが考えられます。「膣がゆるむ」とも言いますが、膣壁から弾力が失われ、乾燥しているために摩擦によって痛みが生じるのです。

また、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍などの婦人科疾患でも性交痛が起こりやすくなります。膣の中よりも奥の方が痛む傾向があるので、特に男性に突かれると痛いという人は、婦人科を受診してください。

性交痛を改善するにはどうしたらいい?

性交痛の改善には、症状に応じて、自分たちでできることから専門医での治療まで、さまざまな方法があります。

潤滑剤を使う

女性器に潤いが足りない時に補って、挿入をスムーズにします。ジェルやローションなどさまざまなタイプがありますが、成分によってはコンドームの破損に繋がる恐れもあるので、購入の際はよく確認しましょう。

パートナーと話し合う

女性側からは言い出しづらいかもしれませんが、痛みがあるとパートナーに伝えることも必要です。前戯に時間をかけてほしい、緊張やセックスに対する恐怖心があるなど、正直に話してみましょう。セックスは2人の大切なコミュニケーションの一つ。一緒に気持ちよくなれるよう、真剣に向き合ってみてください。

専門医を受診する

性交痛を根本から解消したい、セルフケアでは効果があまりないといった場合は、婦人科や女性器形成クリニックを受診しましょう。痛みの原因を明確にし、それぞれに合った治療をしてもらえます。ただし、病的なものでなければ婦人科では対応しないことが多いので、女性器形成クリニックや美容外科も選択肢の一つに入れておきましょう。

しかし、毎回痛む、セックスの回数を重ねても和らがない、出血があるといった症状を伴う場合は、必ず婦人科を受診してください。性交痛の原因として挙げたように、何らかの疾患のサインである可能性もあるからです。

性交痛は我慢しすぎないで!

性交痛は他人に相談しづらい、デリケートな問題です。そのため、一人で悩みを抱え込んでしまったり、セックスそのものに消極的になってしまうことも。
セルフケアももちろん必要ですが、根本から改善するためには婦人科や女性器形成クリニックでの相談が有効。女性医師が対応してくれるみどり美容クリニック・広尾なら、初めての人でも安心です。
繰り返しになりますが、婦人科疾患のサインの可能性もある性交痛、我慢しすぎないでくださいね。