銀行口座を使い分けて暮らしを便利にしよう

銀行口座には様々な種類があります。あなたは日常生活の中で使い分けができていますか?銀行口座の種類を理解し、かつ複数の口座で使い分ける事で今よりも暮らしが便利になりますよ。
銀行口座を使い分けるメリットとしては、入出金の流れが理解しやすくなったり、お金の現在状況を把握しやすくなったりする事で、結果的にお金のやり繰りが上手になり、貯蓄が増えやすくなる事が多いです。
複数口座を使いこなし、上手にお金を使いこなしましょう。

総合口座とは

総合口座はきっと誰もが持っている事でしょう。普通預金や定期預金が営業時間内であれば利用できます。定期預金をしていたり個人的に銀行にそれなりに信用があれば、貸越といって振替などで口座に残高が足りない場合は自動的に立て替えられて支払いをしてくれます。
こういった経験のある人は通帳の残高がマイナスになった事がある、などと一般人には不可解な事を言い出したりします。なんにせよ大変そうな人が多いです。
総合口座は基本的な機能はすべて備えていますので、ほとんどの人はこれだけで十分かもしれません。

当座預金とは

事業をしていてそれなりに銀行に信用があれば当座預金の開設をおすすめします。
当座預金とは手形や小切手の支払いを決済するための口座です。法令で無利息だと決められています。
審査が厳しく、中々作る事ができませんが、事業者以外で作れる人はローンの返済のための専用口座として作る事があるようです。

貯蓄預金口座とは

貯蓄預金は文字通り貯金をする事で普通預金よりもメリットが得られる口座です。
普通預金よりも高い利息がつくので、貯金を目的とする人の利用率は高いです。個人のみ作る事ができます。
給与や年金の受け取りといった一部機能を使う事ができません。

どう使い分けると最善か?

一番良いのは目的別に使い分ける事です。給与を受け取る口座、定期預金をする口座、自由に使ってもよい口座、公共料金の引き落としなどを行う口座。これくらい分けていればかなり便利になります。定期預金は貯蓄預金口座で行うなど、メリットを最大限に活用する様な使い分けを心がけましょう。
また、最近はデビットカードの様な口座のお金をカードでやり取りできる機能も充実していますので、頻繁に利用している方は口座のお金の流れがとても分かりにくくなってしまいます。ですから自由に使ってもよい口座にデビットカードを紐付けしておくととても分かりやすいです。