預金と貯金って何か違うの?

きっとほとんどの人は預金と貯金が同じ言葉だと思っているでしょう。ですが言葉が違えば意味も変わります。厳密には二つの言葉は同じ所を指さないのです。
では預金と貯金にはどの様な違いがあるのでしょうか?

お金を預ける「預金」、お金を貯める「貯金」

預金とはお金を預けるという意味で、銀行で主に使われる言葉です。銀行・信用金庫・信用組合では預金という言葉が使われています。
銀行は本来、事業で使うお金を預かる役目がメインの業務でした。明治時代ですね。その頃の特色が今も言葉の中に残っており、預金という言葉を銀行は今でも使っています。
対して貯金とはお金を貯める事を意味します。郵便局や農協・漁協では貯金という言葉が使われています。
今では金融機関のサービスの名称として銀行系列では預金、郵便局や農協など国家の色合いの強い所では貯金という言葉が使われているだけで、個人向けのサービスとして預金と貯金に違いがあるわけではありません。
もちろん各金融機関によって個別のサービスはあるにせよ、本質的には同じ様なものと現在ではなっているわけです。
ですが個人としてはお金を預ける事よりもお金を貯める事の方がメリットが高そうなので貯金と名の付くサービスを重視してしまいそうですよね。ですから言葉の本来の意味を知っている人程、ゆうちょやJAなどを使う人が多いのではないでしょうか。実際お年寄りの金融機関はゆうちょやJAである事の方が都市銀行や地銀である場合よりも多い気がします。あくまでも個人の実感にすぎませんが。

預金と貯金の意味を厳密に考える必要があるのか

我々が預金と貯金の意味の違いを知っていて何か得があるのかというと、そんなにはないでしょう。単なる金融機関のサービス名程度の意味しか持たない事は上述しました。
例えば郵便局の宅配サービスを宅急便といってしまっても特に差し障りは無い様に、ゆうちょ銀行で定期預金したい!と言っても意味は通じるので問題ないわけです。
ですから我々が普段の生活の中でそれらを意識しなければならないかというとそんな事は無いかと思います。
どちらの言葉を使おうが、どこの金融機関を利用しようがそれは個人の自由の範疇でしょう。