お金を貯めると言うのは、永遠のテーマですよね。お前はお金のことばかり言うと、守銭奴みたいな言われ方をすることもありますけれども、実際にお金というのは生活をしていく上では絶対に大切なモノです。実際にお金があれば、その分豊かになりますし、豊かになればその分人間も心が豊かになります。ですから、そういう中傷は気にしないで、我が道を行きましょう。

まずは強制的に積み立ててみる

専業主婦が、貯金をしていく上で、これは!というテクニックはあるのでしょうか。お金は使ってしまうとなくなってしまうので、そうならないようにしないといけないわけでして、そうすると旦那様が働いてきてくれたお給料の中から貯金をしていくしかないですよね。働いている主婦も同じです。二人で働いて集まるお金は、有限ですから、明日からお金が倍になるということはありません。したがって、お金を貯めるための特別なテクニックというのはありません。ありませんが、意識として強制的に銀行口座から毎月決まった金額を定期預金する、あるいは投資信託を購入するというやり方は、かなり確実にお金を貯めることができるので、おすすめです。特に投資信託も、一つだけではなく、日本株、外国株、債権などを分けて購入すると、リスクを分散できるので、場合によっては元本がしっかり増えるという可能性もあります。

デパートの友の会はおすすめ

あとは、現金が貯まるわけではありませんが、デパートの友の会に入会をすると、毎月積み立てると、1年後に8%上乗せされます。具体的には、三越伊勢丹ホールディングスのエム・アイ友の会の場合だと、毎月1万円積み立てると、1年後に13万円の商品券カードがもらえます。利回り計算をすると、8.3%となります。これは銀行に10万円を預けていても、全く利息がつかないと思うと、この利率がいかに高いかということがわかります。こちらはおすすめです。

お金を貯めるための心構え

後は、心構えも大事です。その心構えというのは、お金を貯めるというものですけれども、それを阻害する意識というものがありますので、これをまず自分の頭の中から削除しましょう。

それは、「お金がない」という口癖はやめるということです。わかりますよ。特に自由に使えるお金がないなあと思うと、そういう言葉が出てしまいますよね。でも、この口癖は周りを暗くするし、テンションを下げるので、ますます家の中が暗くなります。まず、このネガティブな気持ちをなくすことが大事です。できれば、ご主人と貯金する金額を決めて、二人で一緒に貯めるということをすると、結構テンションが高くなって、お金が貯められるようになります。

このように、お金を貯めるということが出来ない人というのは、アタリマエのことが実際にできてないことが多いです。ですから、まずは気持ちを整えて、実際に実行してみることがとても大事です。